やがわ整骨院 ロータリー院ブログ

「炭水化物が食べたい」に関係する神経細胞を特定!

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*

 

こんにちは。受付です(´ω`*)

今日は朝は晴れていましたが、段々と曇り空になり

雨がパラパラと降っています。

 

今日のニュースで気になる記事が載っていたので、お伝えしたいと思います。

 

皆さん。炭水化物が食べたい!と思うことはありませんか?

 

白いご飯や砂糖が多いお菓子など炭水化物を食べたくなるのは、ある神経細胞が影響しているそうです。

そして、この神経細胞はストレスを受けると活性化するといいます。

 

生理研の箕越(みのこし)靖彦教授(神経内分泌学)らの研究グループがエネルギー不足を察知して活性化し

代謝を調整してエネルギーを回復させる役割をする酵素に着目し、マウスの脳内で活性化させた際・・・

視床下部にある神経細胞「CRHニューロン」の一つが活性化していたことが確認できたそうです。

 

マウスは炭水化物より、高脂肪の食べ物を好む傾向があるので、CRHニューロンの活動を高めたところ・・・

脂肪食の摂食が通常の3分の1ほどに減り、炭水化物の摂食量が9・5倍に。

逆に抑制すると、炭水化物の摂食量は増えず、脂肪食を多く食べたそうです。

 

つまり・・・

CRHニューロンの活動を高めると・・・炭水化物を多く含んだ食べ物を好むようになる!

 

炭水化物を求めることに影響する神経細胞が特定できたことで・・・

「なぜストレスがたまると甘いものを食べたくなるのか」

の原因解明につながることが期待できるそうなんです。

 

私は個人的にこちらの方が気になります(*´ω`)

近いうちに解明できるかもしれませんね☆

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*

やがわ整骨院

お問い合わせはお気軽に

やがわ整骨院 本院
住所:〒186-0014 東京都国立市石田662 矢川南マンション101
TEL:042-574-8867
やがわ整骨院 ロータリー院
住所:〒186-8501 東京都国立市富士見台4-11-32 矢川ビル2A
TEL:042-577-8270
           
整体エステ 天使のはね
住所:〒186-0014 東京都国立市石田662 矢川南マンション3階
TEL:042-574-8867(完全予約制)