やがわ整骨院 本院ブログ

ほんとにつらい・・・腰痛、ぎっくり腰

こんにちは!副院長です!まだ寒い日が続いていますが、お身体の具合は
いかがでしょうか?インフルエンザや花粉に悩んでないですか?
暖かくなっても油断は禁物です!(^_^)b

さて、今日は整骨院に来られた方のよくある症状についてお話ししたいと思います。
今回は・・・ぎっくり腰!腰痛!です。

ぎっくり腰、腰痛ですが、先月はひじょぉぉぉぉぉに多かったです。年に数人来られるような非常に症状の強い患者さんが5~6人来られました。担がれて来られた方もいます。

なぜそんな事になったのでしょうか?

やっぱり一番の原因は大雪が降ったことです!2月の大雪の前後に腰痛の患者さんが集中しました。滑った、転倒した、雪かきをした、というのはもちろんですが、何もしてないのに立てなくなった方もおられます。

大雪では二つのことが身体にダメージを与えます。ひとつは急激な気温の低下です。気温が下がると交感神経が優位な状態になり、筋肉を緊張させて硬くします。

もうひとつは急激な気圧の変化です。今回の大雪では、雪と風が強く吹いていました。
急激な気圧の変化があると、身体の中の袋(関節包、腹腔、胸腔、筋膜など)が膨張し、関節などがゆるみすぎないように筋肉で支えようと硬くなってしまいます。
これはゆるみすぎると、関節がぐらぐらして支えが無く歩けなくなったり、捻挫しやすくなるのを防ぐためです。(台風シーズンでも腰痛の患者さんは増えます!)

ですが、普通に健康な身体の方は正常に機能が働いていると腰痛を起こすことはありません。
やはり、普段の生活で姿勢の歪みや、疲れやストレスが溜まって弱っている方が気温や気圧の変化に負けてしまい腰痛を起こすのです。

整骨院の治療では炎症を早く抑えるためにアイシングと背骨矯正で正しい位置に戻して固定します。正しい位置に戻さないで固定すると筋肉や関節に負担が掛かり、治るまでに時間が掛かります。
徐々に炎症が治まったら、自分の筋肉で支えられるように姿勢を安定させて、再発を防止します。(痛みが治まったからといってそのままにすると再発しやすくなることがあります。)

いざというときのために、こまめに身体の状態をチェックしていくことが大切になりますね。

やがわ整骨院

お問い合わせはお気軽に

やがわ整骨院 本院
住所:〒186-0014 東京都国立市石田662 矢川南マンション101
TEL:042-574-8867
やがわ整骨院 ロータリー院
住所:〒186-8501 東京都国立市富士見台4-11-32 矢川ビル2A
TEL:042-577-8270
           
整体エステ 天使のはね
住所:〒186-0014 東京都国立市石田662 矢川南マンション3階
TEL:042-574-8867(完全予約制)