やがわ整骨院 本院ブログ

子供の腰痛について

明けましておめでとうございます!

本年も地域貢献と患者様の幸せのために全力で取り組んでいきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

 

では、新年最初は新年に多く発生している腰の症状についてです。しかも子供が発生しているケースがある為、

今回は子供に発生する腰の痛みについてです。

ぜひご一読ください。

 

~子供の腰痛~

日ごろ治療にあたっていると、多くの腰痛を訴える患者さんと接する機会があります。

腰痛は80%の人が一生に一度は経験するといわれています。
腰痛の原因は様々で、中には内臓の病気や菌の感染などが原因となる場合もありますが、
一番多いのは筋肉やじん帯、背骨の椎間板などのいわゆる「運動器」が原因で起こる場合です。

なぜ多くの人が腰痛に悩まされるのでしょうか?

それは二本足で立っている人間の宿命なのです。
二本足で立つという事は垂直方向に多くのストレスがかかるようになります。
特に腰は上半身の重みを支えながら活動しているため多くの負担がかかり、
その負担に耐え切れなくなった時に腰痛が起こるのです。

 

腰痛は加齢により引き起こされるものが多いのですが、
中には小学校の高学年や中学生の腰痛も少なくありません。

子供の腰痛はスポーツが原因で起こるケースがほとんどですが、中でも一番多いのは腰背筋痛です。

腰
これはスポーツをする事によって腰背筋に負担がかかり、組織が損傷し痛みを発生するものです。
この腰痛をもつ子供には特徴があります。
急激な身長の伸びに対し筋肉の成長が追いついてこない事や未完成な骨の脆弱性により身体のバランスが崩れています。

予防としては、関節の柔軟性を高めスポーツ活動でのからだの使い方を見直し、運動前後のダイナミックストレッチを念入りに行う事が大切です。

他の腰痛としては「脊椎分離症」があり、繰り返すスポーツ動作によって腰椎椎弓の関節突起間部に疲労骨折が起こります。
分離症は早期に発見し治療を開始すると治癒するケースも多くあるのでなるべく早く診察を受けることが大切です。

多くの腰痛は適切な運動や処置をする事により予防できたり、改善する事ができます。

運動を効果的に行うには目的をよく理解し、
毎日無理することなく継続する事が大切で
辛い痛みや慢性的な不快感は徐々に解消されます。

子供のスポーツでの腰の症状でお困りの際はぜひ一度当院にお問い合わせください。

 

 

〒186-0014 東京都国立市石田662

 矢川南マンション102

TEL:042-574-8867

やがわ

                 

やがわ整骨院

お問い合わせはお気軽に

やがわ整骨院 本院
住所:〒186-0014 東京都国立市石田662 矢川南マンション101
TEL:042-574-8867
やがわ整骨院 ロータリー院
住所:〒186-8501 東京都国立市富士見台4-11-32 矢川ビル2A
TEL:042-577-8270
           
整体エステ 天使のはね
住所:〒186-0014 東京都国立市石田662 矢川南マンション3階
TEL:042-574-8867(完全予約制)